スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PlaceEngine ActionScript APIを非対応版PEクライアントで使う

公開しているAPIを使ってくれている方がいらっしゃるようなので、久しぶりに追加コメントなどを。

このサイトで公開しているPlaceEngine ActionScript APIは、ローカルにインストールするPEクライアントについて、いまのところはクウジットから未公開の「crossdomain対応版クライアント」を使用することが前提になっています。

ですが、そうでない普通に公開されているPEクライアントであっても、Flash(Flex)コンテンツをデバッグ動作させるならうまく動くはずです。残念ながらwebサイトにuploadしてそれを読み込んで実行させる(いわゆる普通のflash動作)ではダメです。

私のところでは、Flex Builder環境下でデバッグで実行すれば、動いています。

ちなみに、Macでです。Windowsでも同様のはず(今は検証してませんが、APIを公開した時点では動くことを確認しました)。


まあ、それにどれだけ意味があるか、ってのはまた別の問題ですが...。

いずれにせよ、クウジットにまた連絡とってみようかな...。
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング - ジャンル : コンピュータ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。