スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneの電源断、リセット方法

#ちゃんと付属のマニュアルを読めば書いてあるのだろうけど...。

アプリ(特にsafari)の調子が悪くなってきたり、漢字変換が極端に遅くなってきたら、電源断、リセットなどの対処が必要になる。本体上部のボタンはスリープさせるボタンなので、電源断とは異なる。

電源断するには、スリープボタンとホームボタンを長押しする。

テーマ : Apple - ジャンル : コンピュータ

iPhoneで3Gキャリア接続をリセットする方法

小さいトンネルの連続などで、キャリア(3G)の電波圏内に入ったり出たりするようなことを繰り返すと、何の拍子かキャリアの電波をつかめなくなるときがある。そういうときは、キャリア接続をリセットしてみると良い。

「設定」→「機内モード」で、機内モードを一度「オン」にして、15秒ぐらいしたら「オフ」にもどす。

テーマ : Apple - ジャンル : コンピュータ

iPhoneのMACアドレス

iPhoneのMACアドレスの調べ方。

無線LANアクセスポイントでMACアドレス認証しているような場合には調べる必要があるので。

「設定」→「一般」→「情報」で、画面のちょい下の方に「Wi-Fアドレス」という項目で書いてある。

テーマ : Apple - ジャンル : コンピュータ

yahooのcrossdomain.xml

先のツールを使ってflashでyahoo.co.jpにアクセスして、crossdomain.xmlを取得してみた。

yahoo.co.jpのcrossdomain.xmlはこうだった。


<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE cross-domain-policy SYSTEM "http://www.macromedia.com/xml/dtds/cross-domain-policy.dtd">
<cross-domain-policy>
 <allow-access-from domain ="*" />
</cross-domain-policy>


adobeのサンプル通りみたいだな。

テーマ : プログラミング - ジャンル : コンピュータ

crossdomain.xml検証

一般的な各サイト(API公開してるとこ)のcrossdomain設定の状況を調べるべく、テスト用のswfを作成した。

flashからアクセスしてターゲットURLを取得するだけの簡単なもの。同時にローカル側でパケットキャプチャして、crossdomain.xmlを取ってみるためのもの。

ほんとはflash内でcrossdomain.xmlそのものを取得できればよかったのだけど、security.loadpolicyfileとかでは取得できないのでキャプチャ併用という原始的な手段で。

SmallHtmlGet


P.S. ソースを追記(2008.06.29)

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml" layout="absolute">
<mx:Script>
<![CDATA[
import flash.net.URLLoader;
import flash.net.URLRequest;

//webページをゲットするメソッド
private function getWebPage(event:Event):void{

var URL:String = textInput.text;

var request:URLRequest = new URLRequest(URL);
var loader:URLLoader = new URLLoader();

setListeners(loader);

//実際にリクエストを発行
try {
loader.load(request);
}catch(error:ArgumentError){
trace("An ArgumentError has occurred.");
}catch(error:SecurityError){
trace("A SecurityError has occurred.");
}
}

//イベントハンドラをセットする
private function setListeners(dispatcher:IEventDispatcher):void {
dispatcher.addEventListener(Event.COMPLETE, completeHandler);
dispatcher.addEventListener(Event.OPEN, openHandler);
dispatcher.addEventListener(ProgressEvent.PROGRESS, progressHandler);
dispatcher.addEventListener(SecurityErrorEvent.SECURITY_ERROR, securityErrorHandler);
dispatcher.addEventListener(HTTPStatusEvent.HTTP_STATUS, httpStatusHandler);
dispatcher.addEventListener(IOErrorEvent.IO_ERROR, ioErrorHandler);
}
//GETが取得したら呼ばれるハンドラ(ローカル)
private function completeHandler(event:Event):void{
var response:URLLoader = URLLoader(event.target);

resultTextArea.text = String(response.data);
}

private function openHandler(event:Event):void {
trace("openHandler: " + event);
}

private function progressHandler(event:ProgressEvent):void {
trace("progressHandler loaded:" + event.bytesLoaded + " total: " + event.bytesTotal);
}

private function securityErrorHandler(event:SecurityErrorEvent):void {
trace("securityErrorHandler: " + event);
//statusLabel.text = "securityErrorHandler: " + event;
resultTextArea.text = "セキュリティエラーハンドル" + event;
}

private function httpStatusHandler(event:HTTPStatusEvent):void {
trace("httpStatusHandler: " + event);
}

private function ioErrorHandler(event:IOErrorEvent):void {
trace("ioErrorHandler: " + event);
//statusLabel.text = "ioエラーが発生(PlaceEngineクライアントが起動してない、など)";
resultTextArea.text = "IOエラーハンドル" + event;
}

]]>
</mx:Script>
<mx:TextInput id="textInput" x="10" y="10" width="437"/>
<mx:Button x="455" y="10" label="取得" click="getWebPage(event)"/>
<mx:TextArea id="resultTextArea" x="10" y="40" width="491" height="278"/>

</mx:Application>

テーマ : プログラミング - ジャンル : コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。